青い花咲く庭で。

青い花 イラスト

鮮やかな青い花をバティックに。

バンコクでは、タイ人の地主さんの豪邸の敷地内にある、一軒家に住んでいた。

我が家の管理をしてくれるのが、そこのお坊ちゃまだった。

うちの隣の長屋には、お坊ちゃまとその家族やペットのワンちゃんのお世話をする、メイドさん達と運転手のご一家、そして、お知り合い?(いつも、入れ替わりに誰かが泊まっていた)がワイワイと住んでいた。

お坊ちゃまのメイドさんは、我が家にノックもせず「マダム!」(タイ人は、日本人の奥さんをそう呼ぶ)と言って、勝手に入ってきた。

常夏のある日、いつものように、クーラーを消し、窓を開け、汗をダラダラ流しながら、床のモップ掛けをした後、シャワーを浴びていた。

「マダム!」   悪い予感がした。 

 ガチャ!     またか!

合鍵で、部屋に入ってきた。…しかも、一人じゃない!

慌てて、脱いだ服を着て、ビチョビチョの頭のまま、シャワールームから飛び出す。

・・・・!!!!!

なんと、メイドさんの後ろには、5名ほどの、クーラー掃除のお兄ちゃん達が来ているではないか…!

「え?お坊ちゃまから、連絡来ていませんか? 今日、クーラーの掃除がある、って」若いメイドさんは、オロオロしている。

「いやぁ…(いつものごとく、)全く、連絡来ていないよ~」

「あ、じゃぁ、明日にしますか?」

「いやいや…」もう、お兄ちゃん達が来ているではないか…「いいよ。今日で…。」

1時間後、ピカピカに拭き上げた白い床に、無数の真黒な足跡をつけて、一同は去っていった。

私は、不思議だった。

メイドさん達は、裸足で暮らしている。我が家に用事があるときは、ビーチサンダルを履いて来るのだが、床に足跡をつけながら用事を済ませて、玄関先にビーチサンダルを置き忘れて帰っていく。しかも、数日、取りに来ない。なので、長屋の入り口にそっと返しといてあげる。

勝手に家に入ってくるのに、履きなれないビーチサンダルを履いて来てくれる、心遣いが不思議だった。

この家での、思い出話は尽きない。

ゲートから敷地に入ると、左手に1階がガラス張りの、丸見えの豪邸がある。

その入り口に、可憐な青い花が咲いていた。

スケッチしていると、あちらからも、こちらが丸見えだった。

花の名前を尋ねると、「ハーブ」と教えてくれた。

習いたてのバティックで、青い花を染めた。

こんにちは!

次の記事

え?田んぼを?