いつものお豆腐売り場のおばちゃん

旧正月の店内の飾り

昨晩から、今日はお豆腐を買いに行こうと決めていた。いつものイトーヨーカドーでいつものお豆腐を買ったとき、ふと、思い出した。

バンコクで、いつも、お豆腐の売り場のケースからお豆腐を取り出してくれた、いつものお豆腐売り場のおばちゃん。

バンコクは、日系のスーパーもあり、日本とほぼ変わらない食生活を送ることが出来る。私は、駅に直結している、三越のようなちょっとおしゃれな百貨店の、4階にあるグルメマーケットという食品売り場で、いつも買い物をしていた。

そこに、日本の職人さんが伝授した、美味しいお豆腐やさんのお豆腐が特別なケースに入って売っていた。

他のお豆腐が約30B、100円ほどで売っている中、そのお豆腐は、2倍の値段!そして、3倍美味い! 豆腐好きな我が家は、そのお豆腐ばかり食べていた。

三日に一度、売り場に行った。売り場のおばちゃんがいなければ、勝手にケースを開けて取り出せるのだが、私の姿を見ると、すぐに来てくれるおばちゃんがいた。

「コー ソンティー ナ カー(2つちょうだいな)」

いつも、そう言って、きぬ豆腐や、もめん豆腐を買っていた。

4年間、そうやって、笑顔を交わして買っていた。

帰国が決まって、最後にお豆腐を買いに行ったとき、

「グラップ イープン カー(日本に帰ります)」

というと、おばちゃんは、涙ぐんで、じっと顔を見つめて

「マー ティアオ ナ カー(遊びに来てね)」

と言って、じっと顔を見つめて、涙くんでくれた。

いつもの言葉、いつもの笑顔、いつものお豆腐、そんないつもを4年間。

涙を流して、手を握って、お別れをした。いつもの豆腐売り場のケースの裏で。

こんにちは!

前の記事

窓辺の思い出